マットレスのメンテナンス方法

マットレスのメンテナンス方法


概要

ベッド専門通販サイト「イーベッド」をご利用いただきありがとうございます。

ベッドというのは一度購入すると長く使用するのものです。

しかし、どんな丈夫なベッドでも、長年使用していると、どうしても同じ様な体勢・同じ箇所ばかりに荷重がかかってしまい、マットレスのヘタリの原因になります。

他にも梅雨の時期にはマットレスにダニが発生し、ダニアレルギーの原因にもなります。

そうならないためにも、清潔なベッドで、気持ちよく安眠できるようにベッドのメンテナンス方法を覚えておきましょう。

ベッドのメンテナンス方法

ローテーション

まずは、マットレスのローテーション方法です。
これを定期的に行うことによりマットレスのヘタリを抑えることができます。

  • 1.マットレスを180度回転させて前後を入れ替えます。
  • 2.マットレスの表と裏を入れ替えます。
  • 3.再び、マットレスを180度回転して前後の入れ替え。
  • 4.再度、マットレスの表と裏を入れ替え。
  • 1.に戻ります。
大手ホテルでは1つの面を大体シーズン毎に入れ替えますが、ご家庭ではそこまで頻繁にローテーションをしなくても良いです。
しかし、定期的にローテーションを行うことでベッドが長持ちします。

「片面」仕様のピローソフトの場合

マットレスの表面には、「ピローソフト」という特別な仕様を施しているものがあります。

この「ピローソフト仕様」が、「片面仕様」の場合は、ピローソフト仕様の「有る面」と「無い面」、どちらの面でも寝て頂けます。

ただし、ローテーションについては、普段どちらかお好きな方の面を決めている場合、裏・表をひっくり返すと、寝心地が少々変わってしまいます。

ピローソフト仕様が「両面仕様」の場合は問題ありませんが、「片面仕様」の場合は裏返しにすることでと寝心地が変わるので、ローテーションは、前・後のみがオススメです。

「両面仕様」よりも「片面仕様」の方が若干お値段がお安くなっていますので、お客様に合った方をご検討下さい。

天日干し

ベッドの中にはローテーションが難しいタイプもあります。
脚付きマットレスの場合は上下の入れ替えができますが、表と裏の入れ替えができません。
ソファベッドの場合は、そもそも入れ替えることができません。

そんなマットレスと一体化したベッドは、天日干しをすることで雑菌が沸くのを防ぎ、ある程度清潔に保つことができます。
ただし、ソファベッドの場合は移動させるだけでも大変なので、ベッドパッドを使用するなど、別の方法で清潔に保つことができます。

通常のマットレスも3ヶ月に1度は天日干しを行うことをオススメします。

注意点

ローテーションや天日干しをする際の注意点として、水や汚れに注意して下さい。
特に雨などでベッドが濡れてしまうと中のコイルが傷む原因になり、却ってベッドの寿命が縮んでしまいます。

また、 マットレスを曲げてしまうとコイルが破損してしまい、買い換える必要が出てきます。
マットレスを移動させる際は注意して下さい。

べッドパッドを使用する

ダニ予防

家屋内に生息しているダニは30~40種といわれており、その中の内の一つチリダニ(死骸やフン等も含む)がダニアレルギーの原因だといわれています。

普通に掃除しているだけではこのダニを減らすことはできません。
ダニ対する特別な手段が必要となります。

ダニを増やさないための予防策に「べッドパッド」の使用をオススメします。

べッドパッドのメリット

人は睡眠中にひと晩で約300mlもの汗かきます。
夏場は熱帯夜などもあり、睡眠中にかく汗の量が増えます。

その汗を布団やマットレスに吸収されダニやカビの発生の原因になります。

ベッドパッドは、そんな寝ている間の汗の水分を吸収する役割を果たします。
マットレスにピローソフト仕様のオプションを装着された場合にもご使用をオススメします。

ベッドパッドで汗を吸収させることによりマットレスの老朽化も抑えられます。

そして、ベッドパッドの上にシーツを敷きましょう。

ベッドパッドとベッドルームの掃除

使用したベッドパッドは週1回程度洗いましょう。
可能であればマットレスは掃除機をかけ、月に1度は天日干ししましょう。

ベッドパッドとシーツは洗えるものなので、定期的に洗うのも忘れないようにしましょう。

また、ベッド下や部屋のダニの棲みかになりやすく、ベッド下の収納には湿気が溜まりやすいです。
定期的なお部屋の掃除とベッド下に風を通すことをオススメします。

湿気対策

風通しをよくする

ベッドは特に湿気の影響を受けやすい家具です。
そのため、お部屋の風通しをよくしたり、ベッド下に湿気がこもらないようにマメに移動させるといったことを行うとマットレスなどのカビを防止できます。

梅雨の時期から夏の台風の時期は特に注意が必要です。

除湿機を使う

お部屋やベッドのサイズによって簡単に移動させたり、風通しをよくすることができない場合があります。
そんな時、湿気対策に役立つのが除湿機です。

ベッド下の近くに配置するだけで寝汗による湿気をどんどん除湿してくれます。
タンスやクローゼットに使う除湿シートをベッド下に置くだけでも効果があるので、梅雨の時期に試してみて下さい。

まとめ

マットレスのローテーションはダニやカビ予防にも効果的です。
マットレスの同じ面、同じ方向ばかり使用していると、ダニやカビの発生率が高まると言われています。

頻度が多い方が効果的ですが、そんなに頻繁には中々出来ません。
しかし、定期的にローテーションや掃除をするだけでも十分な効果を得られますので、ダニアレルギーにお悩みの方も、そうでない方も実践してみて下さい。

それでは今後ともベッド専門通販サイト「イーベッド」をよろしくお願いします。