就寝前にオススメの飲み物

就寝前にオススメの飲み物


概要

当サイトをご利用いただきありがとうございます。

寝る前なのに気分が落ち着かなかったり、小腹がすいて眠れないことはありませんか?
そんな時は、アルコール飲料を飲む方は多いでしょう。

しかし、ついつい飲み過ぎて次の日に影響が出たり、アルコール飲料が苦手な方もいます。

そんな人でも安心して飲める飲み物を紹介します。

就寝前は温かい飲み物を飲んで、身体を温めることが大切です。
心と体の両方にリラックス効果を与えてくれる飲み物を飲めば、気持ちよく眠れますよ。

オススメの飲み物

ホットミルク

牛乳には、たんぱく質が分解してできる"オピオイドペプチド"が含まれており、中枢や末梢神経に働きかけて睡眠を促進してくれます。

更に、カルシウムの作用で神経を穏やかにして快眠に導きます。

牛乳に含まれているトリプトファンと呼ばれる必須アミノ酸には、催眠物質メラトニンを生成し、神経を落ち着かせることで睡眠を促進してくれる効果があります。

ココア

ココアを飲むと緩やかな体温上昇と低下が起こることが近年分かりました。

ココアに含まれる"テオブロミン"は、自律神経を整えて、リラックスさせる効果があります。
ココアを牛乳や豆乳で温めて溶かすとさらに効果的です。

牛乳のオピオイドペプチドが中枢や末梢神経に働きかけ、安眠へ導いてくれます。

ホットソイミルク

豆乳には牛乳よりも多くのトリプトファンが含まれています。

そして、老化防止効果のあるビタミンE、動脈硬化予防の成分のレシチン
肌荒れを予防してるビタミンB1ビタミンB2など、多くの効果があるので普段から飲むことをオススメします。

無調整豆乳が苦手な人は生姜や果汁をいれたり、調整豆乳でも良いでしょう。

カモミールティー

爽やかですっきりとする香りが特徴の、カモミール。
カモミールの花と葉から出る甘味成分は、気持ちを落ち着かせてくれる効果があります。

体全体をリラックス状態にしてくれるので、睡眠に良い精神状態にしてくれます。

ペパーミントティー

カモミールティー以外の紅茶にはペパーミントティーがオススメです。
ペパーミントが体のストレスを軽減してくれる効果があります。

試験前日や面接など、前日に高ぶった神経を落ち着かせてくれます。

ホットジンジャーエール

実は、人は炭酸飲料を飲むと、炭酸ガスが血管の中に入り酸素不足になります。
これにより、血管内で血流が増加することで体が運動状態になりダイエット効果が期待できます。
もちろん、大量の糖分やカロリーの高いコーラなどではダイエット効果は期待できません。

そして、人間の体は温かくなると眠くなります。
体が温まるとエネルギーを使うため、体が自然とエネルギーチャージのために眠くなります。

なので、体の芯から温まれるホットジンジャーエールを飲むことで、ダイエットや健康的な効果も得られます。

トマトジュース

トマトジュースは、GABAを多く含みます。

GABAには血管を拡張する働きがあり、体温を上げ、深い睡眠へ導く効果があります。
神経をリラックスさせる効果もあり、安眠へと誘います。

白湯(さゆ)

ダイエットでも注目されている白湯。

就寝前に白湯をカップ1杯分を飲むと、副交感神経が活性化されリラックスします。
その後、眠りにつくと自然と体が温まりリラックスした状態で眠ることができます。

鉄瓶で沸かすと味がまろやかになり、白湯なのにおいしくなります。

ごぼう茶

日本茶とは味が違う「ごぼう茶」
素朴な味で飲みやすく、ごぼう茶に含まれるポリフェノールの一種である「サポニン」の効果で睡眠時の新陳代謝をサポートし、細胞の老化の原因である酸化を抑えます。

また、ごぼうに含まれる栄養の効果で、むくみや冷え性の改善も期待できます。

就寝前にカフェインは取らない

コーヒーや緑茶といったカフェイン入りの飲み物は、カフェインにって交感神経を刺激してしまいます。
カフェインの作用がなくなるまでは、何時間もの時間を要するため、夕食後にコーヒーなどを飲むと寝つきが悪くなったり、眠りが浅く、疲れが取れないといった状態になってしまいます。

そのため、就寝前にカフェインが入った飲み物は避けることをオススメします。

まとめ

基本は体の内側から温めるということです。

重ね着をしなくても温かい飲み物を飲むことで、ほど良い温かさを感じられます。
日向ぼっこをしていたら眠くなるのと同じ感じですね。

どれもアルコール飲料よりも安く購入できるので、眠れない夜に備えて常備しておいても良いでしょう。

それでは、今後も当サイトをよろしくお願いします。