ダブルベッドのメリット・デメリット

概要

ベッド専門通販サイト「イーベッド」をご利用いただきありがとうございます。

恋人同士や夫婦になると、ベッドも共にしたい人は少なくありません。
しかし、ダブルベッドも安い買い物ではないで、失敗はしないためにもメリット・デメリットを知っておきましょう。

ついでといってはなんですが、ダブルベッドのサイズに関することも記載しておきます。

メリット

洗濯が楽

2人とも寝てしまえば、相手の動きが気にならないタイプであれば問題ないでしょう。
カバーの取替えや洗濯などは1組分で済むので楽になります。

冬は暖かい

冬は人肌が暖かく、お互いに安心感があって眠りに入りやすいです。
冷え性の方でも、隣に相方がいると湯たんぽなどなくても直ぐにあったかくなります。

収納スペースが確保できる

ベッドは一度設置したら動かす必要はあまりなくなるもの。
その分、布団を入れていた押入れに余裕ができ、他のものを入れる収納スペースを確保できます。

夫婦揃って寝られる

隣で眠るのでケンカになっても仲直りしやすい
寝付くまでのコミュニケーションがすごく楽しい。
といった感じで、お互いに信頼し合っている仲だからこそ、就寝前も後も幸せな気分で睡眠をとれるのでしょう。

デメリット

布団の取り合い

相方の寝相が悪いと、ふとんを剥ぎ取られがちです。
そのため、冬場は布団の取り合いになることもあるようです。

揺れがベッド全体に響く

眠りが浅い方は、ちょっとした物音や気配で目が覚めてしまいます。
特にボンネルコイルのダブルベッドでは、揺れもベッド全体に響くやすいため、ちょっとしたことで目が覚めるような人にはオススメできません。

夏場は暑い

2人一緒に揃って眠るため、自然と温度が上がり、夏場は暑いです。
エアコンが無い部屋、節約を意識するのであれば、ダブルベッドはやめておきましょう。

洗いものが大変

ダブルベッドはサイズが大きいため、洗うもの(シーツなど)も大きく、干す場所が限られています。
あまり大きく干すスペースがない、乾燥機もないといった場合は洗濯が不便です。

生活リズムが違うと不便

病気の時や寝る時間が違う時に不便さを感じることもあります。
揺れがベッド全体に響いたり、掛け布団も共有なので寝ている相方を起こしかねないといった心配もあります。

生活スタイルによっては睡眠不足の原因になる可能性があります。

ダブルベッドのサイズ

大体の大きさ

ダブルベッドのサイズをイメージしやすいように、シングルベッド(布団)のサイズを紹介します。

シングルベッドは通常「横幅 95cm × 縦幅200cm 」となっています。
大人一人が寝るためには問題ないサイズですが、大人二人で寝るには少し厳しいサイズです。

そして、ダブルベッドは「横幅140cm × 縦幅195cm 」となっています。

ダブルベッドはシングルベッドの約1.5倍の横幅があり、一人で使うには十分過ぎるサイズで、2人で使う分にはちょうど良いサイズのベッドです。

選びかた

ベッドで快適な睡眠を取るためには、「自分の肩幅+30cm」を目安にベッドを選びましょう。
肩幅+30cmくらいの広さが無いと、寝返りがしにくく、ベッドから落ちるという可能性から落ち着いて睡眠をとることが出来ません。

それはダブルベッドにも言えることです。
二人で寝る場合、ベッドの広さの目安は「2人の肩幅+50cm」が目安と言われています。
前出の成人男性の平均肩幅の例で計算してみると、

45cm×2人+50cm=140cm

という数字になるので、成人2人で寝るにはちょうどいいサイズのベッドということになります。
女性の場合、男性より肩幅は小さくなりるので、男性と女性が2人で使うにはダブルベッドは十分な大きさと言えるでしょう。

もっと大きいサイズで余裕を持たせたい方々は、「クイーンサイズベッド」「キングサイズベッド」の購入を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

最低でも6畳の広さの寝室であれば基本的に置くことが可能ですが、ベッドの高さによっては圧迫感も出て来ます。

搬入

ダブルベッドはそのサイズ故、搬入に少なからず苦労をします。

ダブルベッドを購入する前に、事前に搬入経路の確認を行いましょう。

  • 1.2階以上の部屋の場合、エレベーターにベッドが入るかどうか確認。
  • 2.2階以上の部屋の場合、階段の踊り場でベッドを回転させることが出来るか確認。
  • 3.玄関の扉と部屋の扉から入れることが出来るか確認。

ベッドの搬入についてのページにて詳細を記載していますので確認してみて下さい。

買っておきたいもの

ベッドシーツはもちろん、夏用にベッドパッドも購入しておきましょう。

ダブルベッドはシングルベッドのように天日干しをするには難しいサイズです。
睡眠中でも、夏場は特に汗をかきやすいので、ベッドを清潔に保つためにもベッドパッドを用意することをオススメします。

ツインベッドも視野に入れる

ダブルベッドのデメリットとして"揺れがベッド全体に響く"というものがあります。
片方のコイルが揺れるとそれに合わせて全体が揺れてしまうので、そのせいで寝不足に陥るという夫婦は少なくありません。

それでも一緒の寝室で一緒に寝たいのであれば、シングルベッドを2つ合わせてツインベッドにしてしまうのも選択肢としてあります。
これならそれぞれのベッドのコイルが独立しているので、揺れが全体に響くこともなく、相方を起こす心配も減ります。

使うシーツが2倍に増えるといったデメリットはあるものの、快適に睡眠をとることができます。

ツインベッドのデメリット

使うシーツが2倍になる以外にもツインベッドにはデメリットが存在します。
ひとつはベッド間に隙間ができることです。

ツインベッドはシングルベッドを隣合わせにしただけのベッドなので、間に隙間ができてしまい、真ん中で寝ることができません。

そして、シングルベッドを2つ置くだけのスペースが必要になります。
ダブルベッドはシングルベッド2つよりも小さいベッドなので、シングルベッドを2つ必要とするツインベッドはダブルベッドよりも広いスペースが必要になります。

まとめ

神経質な方、相手の寝相が極端に悪い、生活時間帯がバラバラな方々はシングルベッド・セミダブルベッドをそれぞれ購入するのがお互いの為になるでしょう。

人肌が恋しく、冬場は特にくっつきたい、コストを抑えたい、洗濯などで楽したいという方々はダブルベッドがオススメです。

1人でもベッドメイキングをしっかり行えば、ホテルのベッドで就寝する気分が味わえます。
ただ、それ相応にスペースを取るので中々厳しいかも知れませんね。

それでは、今後もベッド専門通販サイト「イーベッド」をよろしくお願いします。