ベッドコラム・知識まとめ

ベッド選びの基本やメリット・デメリット

ベッドの概観にこだわり過ぎて「せっかく買ったのに合わなかった!」なんてことになりたくないですよね?
ベッド選びの基本的なことを学んでいきましょう!

ベッドの搬入方法を覚えておきましょう。
ベッドをご購入する上での必須事項でもあります。

ベッドには色々なサイズがあります。
そのサイズによる違いをまとめてみました。

ベッドと一言でいってもフレームの種類やマットレスの種類など多くのものがあります。
ベッドを選ぶ上で1番重要なマットレスの種類を紹介します。

どんな丈夫なベッドでも、長年使用していると、どうしても同じ様な体勢・同じ箇所ばかりに荷重がかかってしまい、マットレスのヘタリの原因になります。
気持ちよく安眠できるようにベッドのメンテナンス方法を覚えておきましょう。

ベッド周りが窮屈な状態だとリラックスできず、せっかくの安眠の妨げになってしまいます。
ベッド周りのスペースについて書いていきます。

収納場所にも限りがあるので必然的にタンスなど物が増えてしまいがちでお部屋が窮屈に感じてしまいます。
少しでもお部屋を広く利用したい、そんな人にオススメのベッドを紹介します。

ベッドパッドなどマットレスの補助アイテムはマットレスを長持ちさせるためには必需品です。
ベッドパッド・敷きパッド・パッドシーツ・ボックスシーツの使用法方を記載しています。

最も一般的なサイズがシングルベッドです。
当然、メリットもあればデメリットもあります。

セミダブルベッドは1人用のベッドにオススメのサイズです。
ですが、2人用には向かないサイズです。

恋人同士や夫婦になると、ベッドも一緒にしたい人は少なくありません。
ダブルベッドで失敗をしないためにもメリット・デメリットを知っておきましょう。

クイーンサイズベッドはとても大きいベッドですので、購入を失敗しやすいベッドです。
部屋の間取りや寝室の大きさなど、事前に確認が必要なポイントがあります。

キングサイズのベッドで贅沢に寝たい方いませんか?
そんな人に、ベッドサイズの中でも最大の大きさを誇るキングサイズベッドの紹介です。

宮棚付きベッドって何?という人のために解説。
多機能な宮棚付きベッドの魅力を紹介しています。

部屋の中に背の高い家具があると人は圧迫感を感じます。
しかし、フロアベッドは高さが低いベッドのため、お部屋全体へ視界が通り、広く見えます。

お部屋を少しでも広く利用するのにベッド下の収納はとても便利です。
ベッド下の収納はとても便利ですが、注意点を紹介します。

冬場の気温の低い時期や湿気の多い梅雨の時期はベッドや布団のカビが気になる時期です。
ベッドや布団のカビ対策は適切な方法やベッドを選ぶことで改善できます。

お部屋を広く使いたい、そんな時にベッドの候補のひとつに折りたたみベッドを考える人もいるでしょう。
しかし、折りたたみベッドもメリットばかりではありません。

一人暮らしや、部屋が狭く、ベッドとソファーを両方置きたいという人はいませんか?
機能性が高く、ソファーとして活用しながらも、寝る時にはベッドにして使う事ができるベッドです。

一人暮らし、一人部屋でお部屋のスペースをもっと有効的に使いたい、そんな方にオススメしたいのが「ロフトベッド」です。
ロフトベッドはベッドしたのスペースを活用すれば、お部屋を広く使えます。

家族が増えるとその分、必要なベッドスペースが増えてきます。
そこで、二段ベッドのメリット・デメリットを紹介します。

ソファーベッドを活用して、お部屋を広く使いたいと思っている方はいませんか?
一人暮らし、一人部屋で狭いお部屋に住んでいる方にオススメのベッドです。

皆さんは和室に合うベッドをご存知でしょうか?
い草の落ち着いた香りのする日本ならではのベッドのメリット・デメリットの紹介です。

皆さんは「高反発マットレス」をご存知ですか?
「低反発素材」を使用した寝具ならよく見かけると思います。
高反発マットレスは低反発マットレスや布団よりも優れた特徴とメリットがありますが、その半面、デメリットもあります。

リクライニングベッド(電動ベッド)は、ソファーとベッドを兼ねるソファーベッドとは違ったベッドです。
食事や読書などベッドの上で座る際に背もたれとしての役割を果たします。

どんな風にエアーベッドを使えば良いのか分からないとお悩みの方へ。
エアーベッドは、ご自宅で使えて、キャンプや車中泊などアウトドアでも活躍するベッドです。

初めての赤ちゃんとの生活に、ベビーベッドが必要かどうかお悩みのご両親は多いのではないでしょうか。
赤ちゃんにとっても、お母さんにとってもベビーベッド を使うメリットがあります。

介護用ベッドは自分で使うものではなく、別の人に使って貰うものです。
介護用ベッドを選ぶポイントを知っていれば、使う人に合ったベッドを選ぶことができます。

布団とベッドの質も大事ですが、それと同じくらい枕も大事です。
枕の正しい選び方を覚えて、睡眠の質を高めましょう。

新しくベッドを購入した、または購入をするという時、使用しなくなったベッドを処分しようと思っている。
そんな時、業者に頼むべきか、自治体に頼むべきか分からないとお悩みの方へ。

ベッドや睡眠に関する知識やコツ

e-家具SHOPがなぜ低価格で商品を提供できるのか?
その理由を教えます。

人間にとって欠かすことのできない行動に睡眠があります。
「ベッド」の日本での歴史を簡単に紹介します。

「ベッド」と「ベッド」、人によって違う呼び方をされています。
そこで、どちらが正しいのかを調べました。

睡眠とは食事やトイレと同じく人間にとって必要な機能です。
脳が休んでいる間には、体の保守点検や成長促進など多くのことが行われています。
そして、不眠症の人はそができない影響が大きく出ます。

パイプベッドのきしみが気になって寝れないなど、パイプベッドのきしみ音が気になることはありませんか?
そこで、きしみ対策を紹介しています。

ワンルームだとどうしても玄関からの距離が近く、外から生活感のある部屋の中が見えてしまいます。
突然の来客にも対応できるように、生活感をごまかすコツを紹介します。

ベッド1つ置いてしまうと、配置次第では部屋が狭くみえてしまいます。
配置や色を考えるだけで部屋が広くみえる、そんなちょっとしたテクニックをまとめました。

なんだか部屋が落ち着かない。
モヤモヤとした気持ちを和らげ、熟睡できるベッドルームの作り方を教えます。

畳部屋にベッドを置きたいけど、畳は傷まないのか?
そんな方にオススメの方法が載っています。

アニメや物語で出てくる、お姫さまのかわいいベッドに憧れた女性は少なくないのではないでしょうか?
天蓋つきのベッドは意外と簡単に付けられるので、小さなお子様のお部屋に付けてみませんか?

日本の夏場の夜は寝苦しく、結局数時間も眠れない状態で仕事に向かう方は多いのではないでしょうか。
エアコンに頼らなくても、熱帯夜を涼しく睡眠をとることが出来る方法を紹介します。

夏が終わり秋がくるとあっという間に季節は冬になります。
早めに冬に向けた準備をしておけば、秋の肌寒さから冬の本格的な寒さにすぐ対応できます。

寒い冬場の朝は暖かい布団でゆっくりしたいものですが…。
しかし、仕事があるとなればそうも言ってられない、そんな人のために冬場のベッドから抜け出すコツを紹介します。

身体の冷えは寝不足の原因の一つになります。
手足が冷えベッドに入っても眠れない、そんな冷え性な人に眠る前に簡単にできる冷え性対策をまとめました。

忙しい朝、中々起きてくれない・機嫌が悪いお子様はいませんか?
規則正しい生活習慣が付いていない事も寝起きの悪い原因にもなっています。

寝る前なのに気分が落ち着かなかったり、小腹がすいて眠れないことはありませんか?
アルコール飲料が苦手な人でも安心して飲める飲み物を紹介します。

眠りの質や量は年齢とともに変化していきます。
多くの人の睡眠時間は、状況や環境に応じて短くも長くもなり、睡眠時間は年齢により変化していきます。

睡眠はその深さと特徴によって、レム睡眠とノンレム睡眠に分類することができます。
人によって違う眠りのタイプを紹介します。

私たち人間は仕事の関係などの影響により、ライフスタイルが朝型と夜型の2種類に分かれます。
人生を歩んでいく中で、人は様々な要因で朝型から夜型へ、または夜型から朝型へ、とそのライフスタイルを変更することがあります。

ネット社会と言われる現代、夜遅くまでPCやスマホなどを使っている人は多いです。
日常的に深夜まで長時間パソコンを使用していると睡眠障害だけでなく、ストレスの増加やうつ状態を引き起こす恐れがあります。

ベッドを取り扱っている他店様の通信販売サイトを紹介します。
簡単にですがまとめてみましたので参照してみて下さい。

家具を取り扱っている他の店舗様を紹介します。
こちらは家具・インテリアのまとめです。

番外編 通販サイトの作成方法