折りたたみベッドのメリット・デメリット

折りたたみベッドのメリット・デメリット


概要

ベッド専門通販サイト「イーベッド」をご利用いただきありがとうございます。

お部屋を広く使いたい、そんな時にベッドの候補のひとつに折りたたみベッドはいかがでしょうか?

折りたたみベッドもメリットばかりではありません。
ここで、折りたたみベッドの特徴やデメリットを覚えておきましょう。

折りたたみベッドとは

特徴

折りたたみベッドは、その名の通り、“折りたためる”ベッドです。

基本的にはマットレスと一体になっているベッドなので、上記の画像のように、マットレスごと2つ折りして畳むことができます。

中にはマットレスの付いていない折りたたみベッドもあります。

基本的に脚にキャスターが付いているので、簡単に移動させることもでる便利で機能性が高いベッドです。

選び方

マットレスと一体になっている折りたたみベッドの場合、マットレスの交換ができません。
なので、マットレスの素材が重要になってきます。

使用されている素材には“低反発素材”を採用したものが多く、硬めのベッドを好む人には“高反発素材”を採用した折りたたみベッドをオススメします。

高反発素材は低反発素材と比べると価格は高くなりますが、反発性が高いため寝返りがしやすく、身体の一部が沈み込まないので腰痛持ちの方の体型に合いやすい素材になっています。

腰痛持ちではなく、硬い折りたたみベッドが欲しいという方にはマットレスのない“折りたたみ式すのこベッド”がオススメです。

布団を敷いて使用すれば適度な硬さになり、折りたたんだ時にはそのまま布団を干せます。
ベッドパッドを敷いて硬さを調整しても良いでしょう。

サイズ

折りたたみベッドの構造上、サイズはシングルサイズセミダブルサイズが主流になっています。

ダブルベッド位の大きさになるとフレームの強度に不安があり、あまり販売されていません。

平均的な体格の人はシングルサイズ、体格の良い成人男性や大きさに少し余裕が欲しいならセミダブルサイズが良いでしょう。

ベッドサイズも1人での使用を前提としているので、大人1人なら問題なく使用できます。

価格帯の目安

マットレスなし:\8,000~\30,000

マットレスあり:\10,000~\40,000

使いやすさ

折りたたみベッドを使用する際に心配な点の一つが安全面です。

最近の折りたたみベッドは、折りたたんだ際に指を挟まないように設計されています。
そして、折りたたんだ後に勝手に広がらないようにストッパーが付いているベッドもあります。

とはいえ、安全面の配慮に欠けた製品はまだまだ出回っているので注意が必要です。

重さについても少ない力で折りたためるように設計されており、キャスター付きなら移動も楽にできます。

適している人

一人暮らしをしているような方や狭いお部屋に住んでいる人は、折りたたみベッドは最適なベッドです。

お部屋を広く見せたい人にもオススメです。

メリット

折りたためる

折りたたみベッドは、就寝するときに出して、起床時には折りたたんで、部屋の隅やタンス、机の横に片付けるという使い方が出来ます。

必要なときに出して、使い終わったら片付けることが出来るので、狭い部屋でも簡単にフリースペースを作り出せます。
ベッドスペースを使用して狭い部屋でもゆったりくつろげます。

普段は折りたたんだ状態で、必要な時に出せるので来客用ベッドとしても使用しても良いでしょう。

そして、布団を敷いて使用した場合、ベッドを折りたたんで布団を干すことが可能です。

移動可能

折りたたみベッドは基本的にキャスター付きなので、折りたたんで移動できます。
なので、ベッド下を掃除するのも簡単です。

ホコリは長期間放置して置くとカビの原因になり、アレルギーの原因にもなります。
折りたたみベッドの場合、動かすことが出来るのでベッドの下をキレイに掃除することが出来ます。

湿気対策

人間は睡眠中にコップ1杯程の量の汗をかくと言われています。

睡眠中にかいた汗は湿気となり、ベッドの下に留まり、ベッド下に溜まった湿気とホコリは、カビが発生する原因になります。

折りたたみベッドは定期的に動かすことによって、溜まった湿気を放出することが出来ます。
ベッド周りのカビ対策には折りたたみベッドが最適です。

リクライニング機能

折りたたみベッドの中にはリクライニング機能の付いたものがあります。
リクライニング機能を使用すれば、折りたたみベッドを1人用のソファ代わりに使用できます。

デメリット

収納スペース

折りたたみベッドの下を収納スペースとして使用すると、折りたたみベッドの機能である移動が困難になります。
ベッド下を収納スペースとして活用したい方には折りたたみベッドはオススメしません。

安定性・強度

折りたたみベッドはその性質上、固定ベッドと比べて安定性、強度に不安が残ります。
折りたたみ箇所、キャスター部分、移動させるための軽量化などが強度が弱くなる原因です。

なので、2人で寝る方々には安全面と大きさで不向きです。

キャスター

折りたたみベッドはキャスターを採用しているので、フローリングに傷が付く可能性が高いです。
キャスターが回転しているか、定期的にチェックして、フローリングに傷が付かないよう注意しましょう。

マットレス

折りたたみベッドはベッド部分とマットレスが一体となっているのでマットレス部分だけの交換が出来ません。
体に合わないマットレスは疲れが抜けず、腰痛など体調不調の原因となります。

毎日使う場合は、寝心地重視で選にましょう。

デザイン

折りたたみベッドはマットレスと一体になっているので、デザインに限りがあります。 お部屋をオシャレにコーディネートしたい方には不向きかも知れません。

まとめ

折りたたみベッドは基本的に自分で組み立てることになります。

特に、女性ひとりで組み立てるのは結構な作業になります。
女性の一人暮らしで折りたたみベッドを検討されている方は組み立てやすさも調べておきましょう。

折りたたみベッドには他のベッドには無い優れたメリット・デメリットがあります。
上記のメリット・デメリットを参考にしてみて下さい。

今後もベッド専門通販サイト「イーベッド」をよろしくお願いします。