二段ベッドのメリット・デメリット

二段ベッドのメリット・デメリット

概要

当サイトをご利用いただきありがとうございます。

二段ベッドの購入を考えてはいるっものの、どういう二段ベッドを選べば良いのか分からない人がいま せんか?

家族が増えるとその分、必要なベッドスペースが増えてきます。
布団を使用しても、就寝するためのスペースは人数分必要になります。

そんな時にオススメなのが「二段ベッド」です。

今回はその二段ベッドのメリット・デメリットを紹介します。

メリット

スペースを取らない

二段ベッドの最大のメリットは、ベッド一つ分のスペースで、二人が寝ることができる省スペース性です。
ベッド一つ分のスペースでお部屋を広く使うことができるので、毎回布団を片付ける必要性もありません。

経済的

二段ベッドは、ベッド一台分の価格で二台のベッドが買える点も嬉しいところです。
シングルサイズを2つ購入するとそれだけで結構な金額になってしまいます。

また、分割して使用できるのがほとんどなので、子供が成長するにつれて、シングルベッドとしても使用できます。
新しくベッドを購入しなくても、子供の成長具合や環境に合わせて使用できるのも二段ベッドの強みです。

自立心を育てる

二段ベッドは兄弟で使う場合が多く、相部屋でも自分だけの空間を持つことができます。
一人寝を始めるようになる時期は、自分だけの空間が欲しい年頃です。

子供が二段ベッドにシールを貼ったり、落書きをして、自分なりに快適にしようとする行動は、自立心を育てる役割もあります。

多くの二段ベッドは上下に分割できるので、子供部屋に分けて設置することも可能です。

デメリット

高さがある

多くの二段ベッドは組み立て式なので一人で組み立てるのは結構な作業になります。
特に、上の段を設置する際は、二人で作業することをオススメします。

二段ベッドはその省スペース性から来る高さで、特に上の段は布団やマットレスを干すための上げ下げが手間になります。
腰への負担になるので、注意して下さい。

特に上の段は、はしごを昇り降りしなくてはいけないので、はしごを設置した際には十分に点検しましょう。

圧迫感がある

二段ベッドはその大きさゆえに圧迫感があります。
また、窓を塞ぐ形で設置するとお部屋が暗くなる原因になるので設置場所には十分に検討しましょう。

二段ベッドは存在感があり、子供にとっては格好の遊び場になります。
小さな子供がふざけて遊んでたり、寝返りで誤って落ちる危険性もあるので、上の段でジャンプしたりしないよう注意して下さい。

夏場は暑い

夏場は上の段が暑く感じる場合があり、冬場は暖かく感じます。
夏の熱い夜の為にクリップ式の扇風機を付けてあげると良いでしょう。

処分が面倒

子供が大きくなるに連れて、二段ベッドではサイズが不十分に感じる時期がきます。
そんな時、処分に少々手間なのもデメリットでしょう。

一度に2つ分のベッドを処分することになるので、処分するだけで一苦労です。

バリエーション

Lowタイプ・Hiタイプ

二段ベッドには、寝床が低い位置にあるLowタイプ、高い位置にあるHiタイプの二種類があります。

Lowタイプは下段が低い分、頭上空間に余裕があります。
逆に床から高い位置にあるHiタイプは、ベッド下に収納ケースを入れることが出来きます。
しかし、湿気には注意が必要です。

親子ベッド

親子ベッド、またはスライドベッド・ペアベッドとも呼ばれる低い二段ベッドです。
普段は一台のベッドですが、スライド式のベッドを引き出せば二段ベッドなるタイプです。

キャスターでスライドさせるので、絨毯のような床だと使い難く、スライドベッド自体は一回り小さいので、子供が使用できる時期は限られています。

スロープ付き

2段ベッドの一部には下の段にスロープ付きのベッドもあります。
子供のちょとした遊び場として機能し、ベッドに入る時に脚を足を柵に引っ掛けることなく就寝することができます。

下の段に取り付けるので、上の段で遊ぶといったことも減ります。

3段ベッド

3人がまとめて寝ることができる「3段ベッド」もあります。
2段ベッドより価格は高くなりますが、それでもシングルベッド3台よりも安く済みます。

3段ベッドといっても縦に3段あるのではなく、一番下のベッドを引き出して使います。
これなら地震対策も2段ベッドと同じ様にできます。

まとめ

二段ベッドは省スペースですが、その高さゆえに圧迫感があります。
しかし、価格が安く、バリエーションも豊富なのでベッドの中でも人気の商品です。

最近では耐震家具への関心も高まっており、そういった点では少々不安もあります。
下の段がしっかりとした商品であれば耐震性は上がりますが、念のために上の段にも耐震用金具を用いる等の地震対策を行っておきましょう。

二段ベッドの他にも三段ベッドというのもあります。
子供の人数に合わせて選んでみて下さい。

それでは、今後も当サイトをよろしくお願いします。