ベッドの処分方法


概要

ベッド専門通販サイト「イーベッド」をご利用いただきありがとうございます。

新しくベッドを購入した、または購入をするという時、使用しなくなったベッドを処分しようと思ってはいるものの、どうやって処分をするのが良いか分からない方はいませんか?

業者に頼むべきか、自治体に頼むべきか分からないとお悩みの方。
ベッドの処分費用はどの程度の手間とお金がかかるのか見当もつかない。

そんな方へ、今回はベッドの処分方法をお教えいたします。

ベッドの処分方法

自治体に粗大ゴミとして引き取ってもらう

まずは、自治体に粗大ゴミとして引き取ってもらう方法。

※手順は自治体によって異なります。

粗大ゴミは有料制のため、事前に自治体に通知を行った上で、ベッドのサイズに合った金額のシールを購入する必要があります。
金額も、ベッドの大きさによって異なり、例えば、シングルベッドは1,000円ですが、二段ベッドは2,000円となっていたりするので、必ず事前に処分するベッドのサイズはどの程度の金額がかかるのかを調べておきましょう。
これは、あくまでもベッドの枠マットレスにも別に費用がかかります。

マットレスは¥500~ですが、市町村によって異なります。

地域によっては事前に自治体に連絡を行えば、自宅に回収しに来てくれて、その場で処分費用を払う方法もあります。
事前に連絡を入れて、自治体指定の場所に自分で持っていけば安くなることもあるようです。

粗大ゴミとして捨てる場合は、ゴミ捨て場までベッドを自分で運ぶ必要があり、場合によっては解体する必要があります。
地域によってはゴミ捨て場で回収を行っていないので、必ず確認をしましょう。

粗大ゴミ回収業者に依頼をして引き取ってもらう

粗大ゴミ回収業者または不用品回収業者とは、一般家庭からオフィス用品まで、不要になった粗大ゴミを回収して、処分する業者のことです。

※現在、回収業者は家電4品目の処分は行っていません。
もし、行っている場合は違法業者ですので利用しないで下さい。

粗大ゴミ回収業者に連絡をして、見積もりを出してもらいます。
その後、希望の日時を伝えて依頼。

自分でベッドを持っていく手間が無く便利ですが、金額の相場観が分からないため、最悪1万円以上の請求がくる可能性もあります。

車で不用品回収業者がアナウンスしながら、走っていることがあります。
そういった業者は違法業者が多く、「お金を支払ったのに、不法投棄されていた」「積み込んでから高額請求された」など、トラブルの元になります。

下記の環境省からも注意喚起がされていますので読んでおきましょう。

環境省ホームページ「いらなくなった家電製品は正しくリユース・リサイクル!」

リサイクルショップに依頼をして引き取ってもらう

ベッドは基本的に有料で捨てる粗大ゴミです。
ですが、リサイクルショップなら買取金額は期待できませんが、格安で処分をしてもらえる可能性があるため、一度見てもらうのも良いでしょう。
店舗や場合によっては、自治体で処分するより高くつくこともあるようです。

出張買取を行っているリサイクルショップなら、ベッドの引き取りは業者の方がやってくれる場合がほとんどです。

モノによっては、お金を貰える場合もありますが、提示された金額によっては妥当か分かりません。
まずは、査定をしてもらうのが良いでしょう。

引っ越し業者へ依頼

引越し時に、引っ越し業者へ引っ越しを兼ねて処分を依頼するという方法もあります。
引っ越し荷物を搬出する際に作業員が部屋から持ち出してくれるため、自分で運ぶ必要がありません。
業者によっては分解してくれるます。

引っ越し当日に引き取るため、新居に移る日までは使用したい時に依頼すると良いでしょう。

ただし、これらのサービスは有料で行っている業者がほとんどで少々割高です。

事前に依頼しておく必要があり、「やっぱり持っていきます」「やっぱり処分してください」といったことを引っ越し業者に依頼すると、対応拒否されたり追加料金を払う必要が出てきます。
処分をするのなら早めに対応しておきましょう。

畳ベッドの処分方法

畳店に引き取ってもらう

畳ベッドを購入して何年も使用していると畳も次第に劣化していきます。
畳ベッドのフレーム自体は劣化しにくく、畳を変えるだけで何年も使用することができます。

しかし、畳ベッドの"畳"の処分方法を意外と知らない人は多いです。

畳は畳店に無料または1枚3000円程度の金額を支払うことで引き取ってもらうことができます。
また、その場で畳を買い換えることもできるので、実は1番効率の良い方法と言えます。

分解して燃えるゴミで捨てる

古くなった畳は、基本的には「産業廃棄物」として扱われ、市のクリーンセンターなどでは引き取ってくれません。
そのため、有料で回収業者や畳店に依頼をするか、グラインダーや丸ノコを使って小さく分解して、燃えるゴミで捨てる必要があります。

畳1枚程度ならクリーンセンターや粗大ゴミの処理場で引き取ってもらえる可能性もあるので、市役所へ問い合わせてみましょう。

まとめ

解体の手間や、持ち運びの手間が面倒という方には、粗大ごみ回収業者に依頼をするのが良いでしょう。
ただし、自治体と比べると、金額は高めになる可能性がありますが、回収にくるスピードも早いので、緊急性の高い方には悪くないサービスだと思います。

1番確実で、結果的に安く済みそうなのが、各自治体での処分です。

お金・手間・スピードなど、最も優先したいものを考えた上で、処分方法を検討してみてください。

それでは、今後もベッド専門通販サイト「イーベッド」をよろしくお願いします。