リクライニングベッドのメリット・デメリット

リクライニングベッドのメリット・デメリット

概要

当サイトをご利用いただきありがとうございます。

リクライニングベッド(電動ベッド)は、ソファーとベッドを兼ねるソファーベッドとは違ったベッドです。

しかし、どういう時に使えば良いのか、どんな特徴があるのか分からない方も多いのではないでしょうか?

今回は、リクライニングベッドのメリット・デメリット、特徴を紹介します。

メリット

起き上がりが楽

電動ベッドによって多少の機能はの違いはあれど、3モーター以上の電動ベッドをご使用の場合、身体の状態を起こす背中部のリクライニング機能・膝を挙げる機能・ベッドの高さを変える機能が備わっているます。

背中のリクライニング機能は一人で態勢を変えることが楽になり、ベッドの上で座る際に背もたれとしての役割を果たします。
また、立ち上がることができないようなときにも、視野をかえる役割や、起立性低血圧の予防として使用できます。

くつろげる

リクライニングベッドは、リクライニング機能を使うことで背もたれになり、ゆっくりくつろぐことができます。
休日をリクライニングベッドでゆったり過ごしても良いでしょう。
テレビや映画鑑賞、読書など自分だけ贅沢な時間を過ごすことができます。

脚がむくむのを予防

膝の高さを変えられるものならば、膝(脚)を上げることで血流の流れを助け、脚がむくむのを予防できますし、背もたれを起こす際に膝も一緒に動かすことで身体がベッドの下の方へずれてしまうことを防ぐこともできます。

ベッド自体の高さ調節はベッドの乗り降りや車いすへの移動を容易にすることができるので、使っているご本人の身体への負荷を和らげます。

電動ベッドはオプションで介助バーを取り付けることがでるので、ある程度の事なら一人でこなせる方の場合、本当に寝たきりで動かなくなってしまうことがないようにするための道具として活用されています。

介助機器としてのメリット

介護というのは介護人への負担も大きなもので、「腰」への負担が大きく天井から吊り下げるタイプの介助器具を取り付けているところもあるようです。

とはいえ、一般家庭でそのような器具を取り付けるわけにはいきませんが、「寝ている状態から起きる」「ベッドから降りる・車いすに移動する」というのはご本人の身体を支える介護人への負担が一番大きくなります。
電動ベッドであれば、このような負担を軽減することが可能です。

こういった負担は日々の積み重ねによって蓄積され、ある時に一気に圧し掛かってくるので、長期の介護を行うのであれば電動ベッドの購入を検討することをオススメします。

介護ベッドのレンタルを行っているところもありますので、一度は調べてみて下さい。

デメリット

サイズが大きい

リクライニングベッドの1番のデメリットは、そのサイズの大きさです。
機能性が優れているため、どうしてもお部屋の大半を占めてしまいます。
そのため、寝室が狭いと感じている方には向いてないでしょう。

また、通常のベッドよりも重さがあるため、一度設置すると移動させる時に少々不便です。
キャスター付のタイプならこういったデメリットもなくなります。

高価

電動のリクライニングベッドは便利ですが、モーター数が増えるほど高価なベッドになります。 購入するのであればよく検討してから購入しましょう。

また、故障した際も専門知識がないと修理できないため、修理を業者に依頼する必要があります。

バリエーション

電動リクライニングマットレスベッド

このベッドは和室でも洋室でも使うことができるリクライニングベッドです。
高さが調節でき、ベッドとしてもソファーとしても活用することができます。
電動リクライニングなので、お年寄りの方でも簡単に使用できるベッドです。

折りたたみ可能なリクライニングベッド

折りたたみができる電動のリクライニングベッドで、約半分になるまで小さくたたむことができます。
ベッドを使用しない時は部屋を広く使うことができ、頭の部分、脚の部分も調節することができるので、使い勝手の良いリクライニングベッドです。

簡易的なリクライニングベッド

このタイプは手動でリクライニング機能を使えるベッドです。
簡易的なリクライニングベッドなので、多少の手間はありますが、価格も抑え目です。
ソファーとしても使用できるので、一人暮らしの方にオススメのベッドです。

半分に折りたためるタイプもあるので部屋を広く使うことができます。

まとめ

介護ベッドとしても、ソファーとしても使用できるリクライニングベッド。
目的や用途によって機能性や金額が大きく変わるベッドですので、ご自分の目的や用途に合わせて選んでみて下さい。

全体的に価格も高めのベッドなので購入する際はくれぐれも慎重に検討しましょう。

今後も当サイトをよろしくお願いします。