ソファーベッドのメリット・デメリット

ソファーベッドのメリット・デメリット

概要

当サイトをご利用いただきありがとうございます。

「ソファーベッド」を活用して、お部屋を広く使いたいと思っている方はいませんか?

一人暮らし・一人部屋で狭いお部屋に住んでいる方にオススメです。
ソファーベッドはその名のとおり、ソファーとベッドの両方の機能を兼ね揃えているベッドです。
そのため、お部屋を広く使えます。

しかし、ソファーベッドもメリットばかりという訳ではありません。
お部屋を広く使える反面、様々なデメリットがあります。

今回は、ソファーベッドのメリットやデメリットを紹介します。

メリット

1つで2つの用途

ソファーベッドの最大のメリットはソファーとして使えて、ベッドとしても使用出来る1台2役の使い方が出来ることです。
1つで2つの用途があるソファーベッドは特に狭い部屋で効果を最大限に発揮するので、「部屋が狭いけど、ソファーもベッドも両方欲しい」という方にオススメです。

来客用ベッドとして

ソファーベッドは、ベッドスペースの有効活用ができます。
そして、急な来客用ベッドとしても活用できます。

普段はソファーとして使えるので、部屋で邪魔にならず、ベッドとして使用したい時だけ変身できるのが良いですね。

仮眠用に使える

暖かなお昼の昼寝や寝不足による急な眠気が来た時、寝室のベッドまで移動するのは中々に億劫なものです。
かといって、床で寝ようものなら身体が痛み、肩こりや腰痛の原因になります。

そんな時、ソファーベッドならその場でベッドに変形させるだけなので、移動することなく直ぐに眠ることができます。

オシャレ

ソファーはお部屋の雰囲気作りにとても役立ちます。
オシャレなデザインが多く、シックな雰囲気のものからポップな雰囲気のデザインまで様々。
理想のお部屋作りに一役買います。

デメリット

ベッドとしては微妙

ソファーベッドは普段忙しく家でゆっくり寝る時間が取れなかったり、遊ぶのに忙しい大学生など、寝床として確保さえできれば良い人にはソファーベッドが最適です。
ソファーベッドは毎日ゆっくりベッドで眠りたい人にはあまりオススメ出来ません。

ソファーベッドはソファとベッドの両方の機能を兼ね備えているため便利なベッドですが、機能的には純粋なベッドよりも弱くなっています。

そのため、ソファーベッドであるがゆえのデメリットが出てきます。
折りたたみ部分の凹みが気になる・ソファーとしていつも座っている箇所がヘコんでいる・マットレスのような弾力性がないため朝起きたら体が痛いなど。

ベッドとして使用したときに上記のような問題が出てくるので、睡眠の質を重視する人は、他のベッドを選ぶと良いでしょう。

臭い・衛生対策が必要

人は寝ている間も汗をかきます。
ソファーベッドはその汗を吸い込んでしまい、通常のベッドとは違って、ベランダに持ち出して日干しや陰干しをするってことはなかなかできません。
シーツを敷いて、シーツを清潔にすることで多少は解消しますが、衛生面で気になる人にはソファーベッドは向いていないです。

意外と大きい

ベッドとして使うことを考えた場合、ゆったりとした広めのベッドとして使えるようなソファーベッドは意外と大きいです。
幅200cmを超える大きなソファーベッドもあり、お部屋のスペースを有効活用するために購入したソファーベッドが逆にお部屋を圧迫することが起こりえます。

購入する際はサイズを十分に確認しましょう。

バリエーション

ベッド機能重視

上記では、日常的にベッドとして使用するには向かないと記載しましたが、最近は寝心地を重視したソファーベッドも多数出てきています。
一流ホテルのベッドとして採用されるほど寝心地がよく、多機能なソファーベッドはマット部分にベッド用のマットレスと同じ素材を使用したソファーベッドです。

「ソファーがベッドとして」ではなく、「ベッドをソファーとしても使える」というコンセプトでベッド重視のソファーベッドは寝心地も重視する方にオススメです。

収納付き

ソファーベッドに収納スペースが付いているタイプです。
ソファーベッドに収納ケースがついているので、更にお部屋のスペースを有効利用できます。

ベッドとして使うときにはシーツを敷いて、汗などの汚れからベッドを守りましょう。
湿気は収納付きベッドに付きものです。

ダブルサイズ

普通サイズのソファーベッドだと二人で使うには狭いです。
二人で使用したい、そんな方にオススメなのがダブルサイズのソファーベッドです。
もちろん一人で使用しても良いでしょう。

座椅子タイプ

ソファーベッドの中には座椅子タイプのものもあります。
コンパクトで、畳部屋やリビングなど色々なお部屋で活躍します。

普段は座椅子として使い、来客時には来客用のベッドとして使うことができます。
値段もお手頃なので、一人暮らしの人は来客用に用意しておくのもいいでしょう。

まとめ

上記の他にも様々なタイプのソファーベッドがあります。

ソファーベッドは価格に比例して性能も機能も分かりやすく上がっていくベッドです。
ご自分に必要な機能や性能を考慮し、一番の悩みを解決してくれるソファーベッドを選ぶことが重要です。

今後も当サイトをよろしくお願いします。