フロアベッドのメリット・デメリット


概要

ベッド専門通販サイト「イーベッド」をご利用いただきありがとうございます。

ベッドを新しく買い換える際に、フロアベッドを探してはいるものの、どんなフロアベッドが良いのか分からないとお悩みの方はいませんか?

大型家具はお部屋の中でも大きな面積を占め、設置にも処分にも苦労するものです。
購入前に、自分に合うか?メリット・デメリットはなにか?を把握しておきましょう。
今回は、フロアベッドのメリット・デメリットを紹介します。

フロアベッドとは

特徴

フロアベッドのもっとも分かりやすい特徴はベッドの高さが低いことです。
マットレスの位置が通常のベッドよりも低く、脚が無いため安定感もあります。

そして、ヘッドボードもオシャレなデザインが多いため、寝室がオシャレに見えます。

選び方

フロアベッドはとてもオシャレですが、ヘッドボードの無いタイプもあるため迷ってしまいます。

基本的には、ヘッドボードの有り・無しで選び、自分の身体に合ったマットレスを選ぶというシングルベッドと同じような感覚で選んで問題ないと思います。

サイズ

サイズはシングルサイズ~クイーン・キングと幅広くあります。

フレームのみの販売もされていることが多いので、マットレスの選択肢も幅広くあります。

価格帯の目安

\10,000~\40,000

マットレスのサイズ次第で安くもなり、高くもなります。
クイーン・キングサイズになると5万円は軽く超えます。

使いやすさ

広めの寝室で使用するのであれば、ヘッドボードの無いタイプで低いナイトテーブルを用意すると使い勝手もより良くなります。

ヘッドボードがになっているタイプは、枕元に目覚まし時計や携帯電話・スマートフォンなどを置いておけるのでオススメです。

適している人

ベッドに安定性が欲しい人、高いベッドでは落ち着かない人にオススメです。

お部屋をオシャレに見せたいけど、寝心地も大事にしたいという人にもオススメのベッドです。

メリット

見通しが良い

部屋の中に背の高い家具があると人は圧迫感を感じます。
広いお部屋であれば気になりませんが、狭いお部屋だと余計に窮屈な印象になります。

フロアベッドは高さが低いベッドのため、お部屋全体へ視界が通り、広く見えます。

また、ちょっとしたソファや座布団代わりに使っても良い高さになっています。

安定感

ベッド自体の揺れが気になる人もいますが、フロアベッドは床から近い分、揺れを感じないベッドです。
そのため、安定感があり、地震などが起きても揺れの心配はありません。

低位置

和室に布団や座卓で暮らしてきた人は、低い位置での生活スタイルに慣れているため、自宅に畳の間がないと辛いという人や、椅子ばかり座っていると足がむくむという人が多いです。
そういった人でも使い易いベッドです。

寝室が和室でも、洋室でもお部屋の雰囲気を崩すことが少ないフロアベッドはオススメです。

他の低めの家具とも馴染みやすいので、リラックスして過ごせます。

落ちた時に安心

寝相が悪い人や寝ていて、思わずベッドから落ちてしまった、そんな経験を持つ人は少なくありません。
特にお子様は寝ている時にベッドから落ちることも少なくありません。
そのため、思わぬケガを負う可能性もあります。

ですが、高さのないフロアベッドなら、もしベッドから落ちてしまってもケガを負う心配が低く、ご両親も安心です。
子供との添い寝に購入しても良いでしょう。

オシャレな雰囲気

フロアベッドはヘッドボードなど、オシャレなデザインが多いため寝室をオシャレにしたい人にもオススメのベッドです。
なにより、「脚」を必要としないベッドなので、フロアベッドは使う材料も少なく価格が安いです。

安心できる高さ

フロアベッドは高さがないベッドなので、床まで直ぐに足が届く高さになっています。
そのため、ベッドの高さが怖いという人でも安心して眠ることができます。

床に足が直ぐ着くため、高齢者にも好評のベッドです。

ホコリが溜まりにくい

フロアベッドは設置すると、ベッド下に隙間がなくなり、ホコリがベッド下に溜まることが減ります。
そのため、腰を曲げてベッド下を掃除する必要もなくなるため、掃除が楽になります。

とはいえ、湿気はこもってしまうので定期的にマットレスを上げてベッド下を換気してあげるとカビが発生しにくくなり、フレームの劣化を抑えることができます。

デメリット

湿気

フロアベッドは、ベッドと床までの距離が低いため、ベッド下は掃除がし難いです。
そのため、染み込んだ湿気カビが発生する可能性が高いです。
ですが、ベッドパッドやシーツを使用し、マメに交換することでカビの発生を抑えることが可能です。

また、マットレス裏のカビの発生防止のため、定期的にマットレスを上げて空気を通してあげましょう。

ハウスダスト

そして、床上から30cm離れていないと、ハウスダスト対策にはならないので、そういったアレルギーの方や気にする方はやめておいた方が良いでしょう。

起き上がりが辛い

腰痛・ひざ痛持ちの人にとって最も辛いのが寝起きの起き上がり。
起き上がろうとすると、どうしても足腰に負担がかかるので、毎朝辛いという人もいるでしょう。

フロアベッドは高さが無いため、先に足を降ろしてから起きる方法が取りにくいというデメリットがあります。
若い人は問題ありませんが、身体に不安がある人は別のベッドにしましょう。

バリエーション

棚無しヘッドレス・シンプル

最もシンプルなフロアベッド。
限られたスペースにコンパクトに収めることができ、デザインも豊富です。

宮付き・コンセント付き

ベッドのヘッド部分に棚やボックスのあるデザインのフロアベッド。
メガネや時計、アクセサリーといったものや、寝る前に読む本を置くことができます。
コンセント付きのものは携帯・スマートフォンの充電やライトの設置などに便利です。

まとめ

新しくベッドを購入する際、ベッドの高さを気にする人は実は意外と少ないです。
フロアベッドを設置し、他の家具の高さを抑えることでお部屋が広く感じます。

お部屋をオシャレにして、広く使いたいのであればフロアベッドの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

ただ、フロアベッドは普通の店舗ではあまり多くの取り扱いがないので、通販で購入される方が多いです。

それでは、今後もベッド専門通販サイト「イーベッド」をよろしくお願いします。