ベッドパッド・パッドシーツの使用方法

概要

ベッド専門通販サイト「イーベッド」をご利用いただきありがとうございます。

ベッドメイキングの際、ベッドパッド・敷きパッド・パッドシーツ・ボックスシーツと様々な呼び方で同じようなものがあり、それぞれどういう風に使用するのか分からないとお悩みの方はいませんか?

ベッドパッドなどマットレスの補助アイテムはマットレスを長持ちさせるためには必需品です。

ベッドパッド・敷きパッド・パッドシーツ・ボックスシーツ、どれも基本的な使用方法は変わらないものですが、それぞれ異なる部分もあります。

ベッドパッド

ベッドパッドはマットレスの上に一番最初に敷くものです。
ベッドパッドは「汗取りパッド」とも呼ばれており、睡眠中の汗からマットレスを守ってくれます。

マットレスは基本的に洗濯することが出来ないので、汗などの汚れをベッドパッドで防ぐことで、マットレスの寿命を長持ちさせてくれます。

そして、ベッドパッドには色々な素材を使用したものがあります。

ベッドパッドの素材

綿(コットン)素材

綿素材のベッドパッドは肌触りがよく、吸湿性に優れています。
汗をかく方には綿がオススメですが、吸湿性に優れている反面、発散性が悪いので定期的な洗濯、乾燥を心掛けましょう。

羊毛(ウール)素材

羊毛素材は吸湿性、発散性共に優れており、カビが発生しにくいのが特徴です。
汗をよくかく方、忙しくなかなか洗濯が出来ない方にオススメですが、価格が高いのが難点です。

保温性も優れているので冬場にもオススメです。

麻(リネン)

麻には湿度を保つ性質があるため、吸湿性、発散性に優れています。
夏場の熱帯夜でも気持よく睡眠が出来ます。

ウール同様に少し価格が高く、商品によっては麻のゴワゴワ感を感じます。

キャメル

ラクダの毛のわたを使用したベッドパッドです。
ラクダの毛は羊毛の4倍の吸湿性、発散性があり、敷寝具に一番適している素材です。
1年を通して快適に使えるベッドパッドですが、かなり価格が高いです。

ポリエステル

ポリエステルは一番安価で乾きが早いのが特徴です。
丸洗いできる商品が多く、頻繁に洗濯する方にオススメです。
しかし、吸湿性が他の素材よりも悪いため、一番カビ安い素材でもあります。

ボックスシーツ

ボックスシーツは、ベッドパッドとマットレスを覆うために使用します。
ベッドパッドは寝ている間にマットレスから外れてしまうことが多いのでボックスシーツを被せることでマットレスから離れることを防ぎます。

一般的なシーツよりボックスシーツのほうが、寝ている間にシーツ自体が剥がれる可能性が少ないです。

敷きパッド(パッドシーツ)

敷きパッドとは、取扱店によってベッドパッド、パッドシーツと同義で使われています。
基本的にベッドパッドより薄く、パッドシーツより厚いものが多いです。

ベッドパッドとシーツの肌触りやクッション性が足りない時に追加したり、夏場は汗吸収用としてベッドパッドに追加して使用、冬には寒さ対策に敷きパッドとして使用したりするのが一般的な使用方法です。

選び方

サイズ

ベッドには様々なサイズがあり、海外のサイズなど、多種多様なサイズが出ています。
そのため、ベッドと同じサイズのベッドパッドがないということもあります。

その場合は、ベッドのサイズより幅が10cm程度狭いベッドパッドか、丈が10cm程度短いベッドパッドを選びましょう。
この程度の差であれば就寝時にきになりません。

大きいサイズだとベッドパッドがベッドよりはみ出てしまい、シーツをかけた際にもたついてしまいます。

洗濯できるかどうか

例えば、寝汗をかきやすい、汚しやすいといった場合にベッドパッドが洗濯できるものであれば清潔に保つことができます。

ベッドパッドの大きさや、厚みによって洗った後、干してから乾くまでに時間がかかり、完全に乾くまでに1日から2日要するので、替えのベッドパッドを余分に用意しておきましょう。

洗濯可能な素材にポリエステル、綿(コットン)、ウール(羊毛)があります。

一番乾きやすいのが、ポリエステルで、次にウールが早く乾きやすいということも覚えておくと良いでしょう。

まとめ

基本的にはベッドパッドを購入し、ベッドパッドが外れたり、質感が合わない人はボックスシーツを被せると良いでしょう。
弾力性が足りない、夏場の汗が気になる、冬の寒さ対策に敷きパッドやパッドシーツを追加しましょう。

取り扱い店によって名称に違いますが、基本は「ベッドパッド+ボックスシーツ」で、必要に応じて追加することをオススメします。

それでは、今後もベッド専門通販サイト「イーベッド」をよろしくお願いします。