HTMLの基礎知識

概要

ベッド専門通販サイト「イーベッド」をご利用いただきありがとうございます。

ここでは番外編として、通販サイトやホームページを作成する上での必要なことを、覚えていきたいと思っています。

早速ですが、今回は「HTML」を使用して作成していく上での基本的な事と、覚えるための準備をしましょう。

ドットインストール

今回は参考に使用させていただくサイト様は、「ドットインストール」というサイトです。
このサイトは動画と書き起こされた文章を確認しながら、プログラミングに関する基礎知識を学べます。

月額登録で質の良い講座を受けることができます。

HTMLとは

“HTML”とは、“HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)”の略称で、ホームページを作成するための言語になります。

例えば、今皆さんが見ているこのページで、右クリック→ページのソースを表示を押すと、なんだかよく分からない文字がズラズラと出てきます。
これが“HTML”で、ほぼ全てのホームページで使用されている言語です。

これらの記号を覚えて、使用することで通販サイトなど、ホームページは作成されています。

今回覚える際に使用するのは、“HTML 5”というバージョンになります。

対応ブラウザ

“caniuse.com”というサイトでは、各ブラウザの対応状況を確認することができるとても便利なサイトです。
こちらも覚えておきましょう。

サイトに入ったら“Can I use”と書かれたところに“defer”と入力してみてください。
すると、“HTML 5”がどのブラウザの、どのバージョンに対応しているかが出て来ます。

使用するツール

これから使用していくツールは「テキストエディタ」と「Google Chrome」を使用していきます。

Microsoft Windowsのメモ帳や、Mac OS Xのテキストエディット、UNIXのvi、Emacsなど、多くのOSで使用できる機能です。

そして、“caniuse.com”を見ると“Chrome”が1番広く対応しているのが分かります。

今後はこれらのツールを使用して、“HTML”を覚えていきたいと思っています。

HTMLの基本

“HTML”は基本的に“タグ”を使用して作成されています。

例えば、<タグ>テキストと書きます。
タグには色々なものがあり、一番基本的なタグの書き方がこれになります。

テキストの前後にある<タグ>とは、それぞれ“開始タグ”と“終了タグ”と言い、“終了タグ”には必ず「/」が入ります。

“タグ”は<タグ>単体で使用したり、<タグ 属性="値">テキストと属性と値をとることもできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ベッドや寝具とは関係の無い内容ですが、通販サイトを作成する基本的な方法が今回紹介した“HTML”です。

今後も“HTML”の基本を更新していきますので、お付き合いいただけたら幸いです。

それでは、今後もベッド専門通販サイト「イーベッド」をよろしくお願いします。