クイーンサイズベッドのメリット・デメリット

クイーンサイズベッドのメリット・デメリット

概要

ベッド専門通販サイト「イーベッド」をご利用いただきありがとうございます。

大きなベッドで睡眠を取りたい、ダブルベッドでは少し小さいとお考えの方にオススメのクイーンサイズベッド

クイーンサイズベッドはとても大きいベッドですので、購入を失敗しやすいベッドです。
部屋の間取りや寝室の大きさなど、事前に確認が必要なポイントがあります。

特に、搬入方法のシミュレーションを行っておかないと失敗に繋がります。

今回はクイーンサイズベッドのメリット・デメリットを紹介します。

クイーンサイズベッドについて

サイズ

クイーンサイズベッドのメリット・デメリットの前にサイズについて知っておきましょう。

シングルベッドは横100cm×縦200cmのサイズが一般的で、ダブルベッドは横140cm×縦200cmとなっています。
クイーンサイズベッドは横170cm×縦200cmです。

横幅はシングルサイズベッドの1.5倍以上の大きさになっており、かなりの大きさなのが分かります。

設置スペース

次に、クイーンサイズベッドが置ける部屋の広さを調べましょう。

クイーンサイズベッドを置くには最低でも「8畳」の広さが必要です。

鏡や本棚など、ベッド以外のモノを寝室に置くことが出来るか、クローゼットが開けられない、通路がないなど、問題が発生するかもしれません。
余裕のあるスペースでクイーンサイズベッドを使いたい場合は「12畳」の寝室が理想的です。
12畳あれば間取りに余裕ができるので化粧台など、他のモノを置くスペースが出来ます。

購入する前に、まずは寝室の大きさの確認をしましょう。

メリット

ベッドから落ちる心配がない

クイーンサイズベッドは横170cm程の大きさがあるので、寝相が悪い人でもベッドから落ちる心配がありません。
大人1人なら十分過ぎる位のサイズになっています。

なにより、大人2人で寝ても余裕があるため、相手の睡眠の邪魔をする可能性は低くなります。

贅沢な気分を楽しめる

クイーンサイズベッドは大きさがあり、寝室の中での存在感があるため、贅沢な雰囲気を楽しめます。
ベッドメイキングをしっかり行えば、ちょっとしたセレブ気分。

まるで高級ホテルにいるかの様な雰囲気になれます。

洗濯ものをひとまとめに

シングルベッド2つだと、シーツなどの洗濯物もひとつでは済みません。
ですが、クイーンサイズベッドなら洗濯物をひとまとめにできるので、負担も減ります。
必要なシーツなども減るので、結果的に初期投資が安く済みます。

デメリット

設置する場所が限られる

クイーンサイズベッドはその大きさ故に置ける部屋が限られています。
あまり広くない部屋にクイーンサイズベッドを設置する場合は必ずサイズを確認しましょう。

ベッドの両サイドに余裕のあるスペースが無いと、ベッドメイキングの時に苦労します。

搬入が大変

基本的に通常の家ではクイーンサイズ以上のベッドは、廊下や階段から搬入ができません。
クレーンで吊って、2階の窓から搬入することが多いです。
なので、新築を検討されている方はクイーンサイズベッドが入る寸法の窓を作る必要があります。

クイーンサイズやキングサイズの場合、マットレスを2つに分割したタイプを薦められることもあります。

これから引っ越しや新築を検討されている方で、クイーンサイズベッドを検討している方は仲介業者や設計士にクイーンサイズベッドを置きたい旨を事前にお伝えするようにしましょう。

種類が少ない

クイーンサイズベッドは、シングルやダブルに比べてマットレスの種類が少ないので、好みの堅さが見つからない場合があります。
そして、クイーンサイズベッド用の布団、布団カバー、ベッドパッドなどの関連アイテムの種類も少ないです。

特にベッドシーツとベッドパッドは用意しておきたいものです。
ベッドシーツはほぼ毎日変えますし、ベッドパッドは夏場の汗を吸収したり、ベッドの固さを調節するのに利用します。

まとめ

クイーンサイズベッドはその大きさと価格が高いため、シングルベッドやダブルベッドの失敗と比べて失敗した際のダメージが大きいです。
せっかく買ったのに搬入出来ない、部屋に置けないなどのリスクがあるため慎重に検討したいベッドです。

今回紹介した内容を参考に、購入を検討してみてください。

今後もベッド専門通販サイト「イーベッド」をよろしくお願いします。