キングサイズベッドのメリット・デメリット

キングサイズベッドのメリット・デメリット

概要

ベッド専門通販サイト「イーベッド」をご利用いただきありがとうございます。

キングサイズのベッドで贅沢に寝たい方いませんか?
使い勝手はどうなのかと気になる方もいることでしょう。

キングサイズベッドの、大きさとなるとちょっと想像がつきませんよね。
今回はキングサイズベッドのメリット・デメリットを紹介します。

キングサイズベッドについて

サイズ

大体のシングルベッドの大きさは横100cm×縦200cmです。
セミダブルベッドは横120cm×縦200cm。
ダブルベッドは横140cm×縦200cmと言われています。

そして、キングサイズベッドの大きさは、横200cm×縦200cmとなっています。
キングサイズベッドはシングルベッド2個分の大きさになります。

設置スペース

ベッドは基本的に縦に長いものですが、キングサイズベッドは「正方形」のベッドです。
キングという名の通り、キングサイズベッドはベッドの中で1番大きいベッドサイズです。
キングサイズベッドを置く場合、寝室は最低「8畳」のスペースが必要です。
ただ、8畳のお部屋にキングサイズベッドを置くとベッドだけで占有してしまうので、実際には8畳以上のスペースが必要になります。

シングルベッド2つで

キングサイズベッドは、シングルベッド2個分の大きさなので、シングルサイズのマットレスを2つ並べて使用することで、擬似的にキングサイズベッドにすることができます。
これならマットレスが分かれているため振動が伝わりにくいので、ベッドに入る際に先に寝ている人を起こしてしまう心配が少ないです。

また、ベッドとベッドを繋げられるベッドパッドやシーツもあります。

メリット

ベッドから落ちる心配がない

キングサイズのベッドは大きく、よほど寝相が悪い人でなければベッドから落ちる心配がありません。
大人1人なら十分過ぎて、逆に大きすぎる位のサイズです。

大人2人で寝てもまだ余裕があるため、夫婦や恋人で就寝する時にベッドから落ちる心配もしなくて済みます。

洗濯ものをひとまとめに

キングサイズベッドは大人2人、子供1人の3人一緒に寝ることが出来ます。
ひとつのベッドで寝ることになるので、布団カバーやシーツの洗濯ものの数を減らすことができます。

何度も小分けにして洗う必要がなくなるので、結果的に節約にも繋がります。

広いサイズ

キングサイズベッドは縦横の幅が200cmあります。

ほぼ正方形のベッドなので、寝相が悪い人でもベッドから落ちる心配がありません。
キングサイズベッドを2人で使っても、一緒に寝ているパートナーに邪魔に思われることがなくなるでしょう。

気分は王様

めったにできませんが、キングサイズのベッドを1人で使えば気分は王様。
しっかりとベッドメイキングを行えば、その圧倒的な大きさにきっと満足するはずです。
ホテルのベッドでもこの満足感は中々味わえません。

デメリット

置くスペースが限られる

サイズの項目でも書いた通り、キングサイズベッドは置ける部屋が限られています。
どうしてもキングサイズベッドを使いたいという方は寝室の間取りを大きくする必要があります。
寝室が広い賃貸物件を探すなど、キングサイズベッドを置ける場所を計画的に選択する必要があります。

搬入に苦労する

キングサイズベッドの大きさは、一般的な大きさの家の場合、通常の窓や玄関からの搬入が出来ません。
なので、リビングなどにある大きな窓を取り外して搬入することになります。
2階に設置する場合、ベッドをクレーンで釣り上げたり、足場を作って2階まで運ぶことになります。

窓の取り外しや、クレーンでの作業料は、ベッドがもう一つ買えるくらいの金額になる可能性があります。
キングサイズベッドを検討されている方は必ず事前に搬入業者さんとの打ち合わせが必要になります。

また、引っ越しの際も苦労します。

ベッドメイクグッズが少ない

キングサイズベッドは市販されているマットレスの数が、他のベッドサイズと比べると非常に少なく、キングサイズベッド用の布団も少ないです。
他にもベットパッドや布団カバー、ボックスシーツも種類が少なく、洗濯も干す場所が限られます。

揺れが響く

キングサイズのベッドは揺れが全体に響きやすく、一緒に寝ている相方を起こしてしまうこともあります。
特にボンネルコイル場合は、揺れもベッド全体に響くやすいため、ちょっとしたことで目が覚めるような人にはオススメできません。

生活リズムが違うと不便

病気の時や寝る時間が違う時とベッドがひとつしかないために不便さを感じることもあるでしょう。

また、ベッドに乗った時の揺れがベッド全体に響いたり、掛け布団も共有なので寝ている相方を起こしてしまうといったことも少なくありません。
そのため、生活リズムの違いが原因で睡眠不足に陥る可能性もあります。

あまりに生活リズムが違う場合はベッドを2つに分けるなど工夫をした方が良いでしょう。

ツインベッドの使用も視野に入れる

キングサイズとなると非常に大きく、寝返りを気にしないで使用できます。
しかし、ダブルベッドなどと同じように揺れが全体に響きます。

また、搬入にも苦労するため、どうしてもキングサイズにしたいのであれば、シングルベッドを2つ並べてツインベッドにしてしまうのも良いでしょう。
これなら搬入もシングルベッドを室内に入れるのと同じなので苦労も減ります。

場所によってはツインベッドを繋げられるシーツも販売されているので、ベッドとベッドの隙間に落ちるなんてこともありません。

まとめ

キングサイズベッドは価格も高く、ベッドの中でも特に失敗できないベッドです。
一歩間違えると粗大ゴミになりかねないため、部屋のサイズや、搬入可能かどうか入念なチェックを事前に必ず行なってください。

キングサイズベッドを設置出来れば毎日一流ホテルで生活しているような気分が味わえるでしょう。

今回のメリット・デメリットを参考にお気に入りのキングサイズベッドを購入して下さい。

今後もベッド専門通販サイト「イーベッド」をよろしくお願いします。