畳部屋にベッドを置く方法


概要

当サイトをご利用いただきありがとうございます。

畳部屋でベッドを使いたいけど、畳は傷まないのか?
そんな疑問をお持ちの方に、今回は畳を傷めずにベッドを置く方法を紹介します。

また、腰痛をお持ちの方にもベッドは身体への負担を減らすので、オススメです。

すのこ

畳の上にベッドを置く場合に、どうしても気になるのが畳の傷みです。
そして、畳のうえにマットレスを直置きすると寝汗によりカビが発生する原因になります。

マットレスだけを畳の部屋で使用する場合は「すのこ」を敷いて、その上にマットレスを起きましょう。
それだけでも湿気を少しでも逃がすことができます。

最近では折りたためる「すのこベッド」「すのこマット」もあり、その上に布団を敷いて寝ても良いでしょう。

ジョイントマット

和室にベッドを置いて寝室として使いたい場合、「ジョイントマット」を敷いて、その上にベッドを置けばお部屋の雰囲気もガラリと変わります。

ジョイントマットであればv安価で購入でき、必要に応じて買い足せるので、部屋の広さを選ばず使用できます。
そして何よりも厚みがあるのでベッドを置いても畳が傷みにくいです。

手っ取り早くお部屋をフローリングにするのであれば、「フローリングマット」「ウッドカーペット」を敷いても良いでしょう。

部屋のサイズに合わせて切り取ることが可能で、お部屋が広い場合はまとめて広い範囲に敷けます。
ジョイントマットと比べると多少価格は上がりますが、切れ目も少ないため、お部屋の見た目も綺麗になります。

ただし、冬場は畳と比べて足元がとても冷えるので、冬場の間だけでもラグカーペットも敷くことをオススメします。

コルクマット

ベッドの下にコルクマットを使うというのも良いでしょう。
コルクはコースターやワインボトルに使われていることが多く、優れた撥水性を持ちます。
水に強く、腐りにくい素材なので、水や液体に関係するものと相性が良い素材です。

また、害虫が生息する為の栄養分が極めて少なく、ダニが発生にくいので、コルクマットはベッドの下に敷くには最適と言えます。

ベニヤ板

和室の雰囲気を残しつつも畳を痛めずにベッドを置くのであれば、ベッドの脚部分だけに「ベニヤ板」を敷いても良いでしょう。
切り取ったカーペットでも良いです。

ベッドの重みで多少、畳が押しつぶされてしまいますが、カーペットや板を挟むことで横ずれによる痛みや、重心が掛かる脚の部分の痛みを軽減することが可能です。

防振パッド

ベッドの脚の部分にだけ防振パッドを敷くというのも良いでしょう。
1cmも厚みがあれば畳がへこむこともありません。
振動も防ぐことができるので、子供用のベッドに使っても良いですね。

色々な形状で販売されているので、ベッドに合ったものを選びましょう。

畳を撤去する

畳を活かすのではなく、思い切って畳を撤去して、フローリングマットやカーペット、絨毯を敷いてベッドを置くという手もあります。
畳は再度使用できるように保管しておきます。

ただし、賃貸などでは大家さんの許可が必要です。
また、畳を撤去すると床が畳の厚さ分だけ床が下がるので、敷居と床に段差が出来ます。
この段差で躓かないように注意しましょう。

畳ベッド

和室の雰囲気は壊したくないがベッドは置きたいという人には「畳ベッド」がオススメです。

畳ベッドは、ベッドの床板が畳になっておりお部屋の雰囲気を壊さず、い草の香りでリラックスして眠ることが出来ます。

畳には吸放湿効果、吸音効果、抗菌作用があり、畳ベッドは畳の良いとこ取りのベッドです。
そのまま掛け布団をかけて寝ても良いですし、布団を敷いて寝ても良いので好みに合わせて使用できます。

どのみち退去時に畳は張り替える

賃貸で畳部屋にお住みの方の中には綺麗に使うためにもベッドを畳部屋には置かないという人も少なくありません。
カビや畳の劣化を極力抑えたい場合は、ベッドを置かないというのも選択肢です。

ですが、賃貸の場合、例え綺麗な状態であっても畳を張り替えるところがほとんどで、基本的に管理会社は借主の負担としているケースが多いです。
なので、どのみち敷金から畳交換の費用を差し引かれる位ならいっそベッドを置くのも良いでしょう。

睡眠という少なくない時間を快適に過ごせるのであればベッドを置いて寝るのも悪くないのではないでしょうか?

まとめ

このように畳部屋にベッドを置く方法はいくつもあり、ベッドは日本人にとっても身近なものになっています。

思い切ってフローリングマットで洋室にしてしまうのも良いでしょう。
フローリングにしてしまえば掃除も楽です。

今回紹介した方法を参考にして、ご自分に合った方法を見つけてみて下さい。

それでは、今後も当サイトをよろしくお願いします。