セミダブルベッドのメリット・デメリット

セミダブルベッドのメリット・デメリット


概要

ベッド専門通販サイト「イーベッド」をご利用いただきありがとうございます。

一人用のベッドを選ぶ時にまず考えるのはサイズのこと。
大抵の人は候補に上がるサイズは「シングルベッド」だと思います。

「セミダブルベッド」は“ダブル”と名前に付いているので2人用のベッドと誤解をされている方もいますが、それは違います。

今回はその誤解を解くために、セミダブルベッドの選び方を覚えましょう。

セミダブルベッドとは

特徴

セミダブルベッドはシングルベッドよりも若干大きく、ダブルベッドよりも小さいベッドです。

なので、同じ素材なら価格もシングルベッドより高く、ダブルベッドより安くなっています。

選び方

セミダブルベッドはシングルベッドと同じ位種類が豊富なので、マットレスの素材寝心地で決めるのがベストです。

基本的にマットレスは、価格が低めで硬い「ボンネルコイル」と価格が高めの「ポケットコイル」があります。

どちらも寝心地が全然違うので、実際に店舗で試し寝することをオススメします。

極端な硬さは身体に負担がかかり、腰痛や肩凝りの原因になります。
人によって寝姿勢が違うので硬過ぎず、軟らか過ぎない適度な硬さのベッドを選びましょう。

サイズ

シングルベッドのサイズは一般的に、横100cm×縦200cmとなっています。

次に、セミダブルベッドの大きさは横120cm×縦200cmとなっています。
シングルベッドとは横幅が「20cm」の差があります。

この差を大きいと取るか、小さいと取るかは個人差があるでしょうが、シングルベッドより20cm大きいセミダブルベッドを、2人で使うには窮屈です。

シングルベッドを一人で使う場合、リラックスして寝ることが出来る大きさの目安は、「自分の肩幅+30cm」です。

日本人の成人男性の平均肩幅は約45cmです。
なので、「45cm+30cm」を計算すると、75cmの横幅が目安となります。
横幅が70cmあれば寝返りをうつことが出来き、リラックスして睡眠を取れます。

平均的な体格の人はシングルベッドで十分な大きさですね。

日本人の成人女性の場合は、若干小さめの約40cmです。

ベッドを2人で使用する場合は、目安として「2人分の肩幅+50cm」と言われています。

この2人が一緒に寝ると「45cm+40cm+50cm=135cm 」となります。
セミダブルベッドの大きさは横120cmなので、これではどちらかが寝返りをした時にベッドから落ちてしまいます。

使いやすさ

2人で就寝する場合、肩を寄せ合って寝るのであれば十分な大きさですが、寝返りをするには窮屈です。

2人でゆっくり寝ること考えるのであれば、シングルベッドを2つ並べるか、「ダブルベッド」「クイーンサイズ」といった大きいサイズを購入すると良いでしょう。

価格帯の目安

\15,000~\50,000

適している人

上記で分かるようにセミダブルベッドは、シングルベッドでは少し大きさに物足りなさを感じる人向けとなっています。
体格の良い成人男性ならこのサイズが適切と言えます。

海外では子供向けとされているサイズのセミダブルベッドですが、日本人の場合、小柄な民族なので気にする必要は無いでしょう。

ですが、ダブルベッド以上のサイズを1人で使用すれば、もっと余裕ができ、寝相を心配する必要がなくなります。

メリット

大き過ぎないサイズ

セミダブルベッドはシングルベッドはよりも少し大きい位のサイズです。
なので、シングルベッドを置ける広さがあるお部屋なら問題なく配置できるでしょう。

豊富な種類

そして、シングルベッドと同じように種類も豊富です。
大抵の店舗で取り扱っているサイズなので、お気に入りのベッドがきっと見つかるでしょう。

ベッドパッドシーツも適切なものが多くあるので、お部屋のコーディネートもし易いと思います。

デメリット

ダブルベッドよりも小さい

セミダブルベッドはダブルベッドと付いていますが、本来1人用の大きさのベッドなので、2人で寝るには厳しいサイズです。
もし、2人で就寝したいのであればダブルベッドなどもっと大きいを購入することをオススメします。

ダブルベッドクイーンサイズ、キングサイズであれば横幅にかなりの余裕ができるため、寝返りをしてもベッドから落ちる心配がありません。

しかし、これらのベッドは価格が高く、ベッドパッドやシーツの種類は少ないためよく検討する必要があります。

価格

価格もシングルベッドと比べると少し高くなっています。
使用している素材によっては更に高くなるので慎重に選ぶ必要があります。

セミダブルサイズのあるベッド

フロアベッド

ローベッドとも呼ばれるベッド。

通常のベッドよりも高さが低いベッドで、お部屋全体へ視界が通り、広く見えます。
そして、安定感もあります。

収納付きベッド

お部屋を少しでも広く利用するのにベッド下の収納がとても便利です。
ベッド下の収納はとても便利ですが、湿気には注意が必要です。

脚付きマットレス

ヘッドボードの無いシンプルなデザインのベッドです。
機能性が高く、ソファーとして活用しながらも、寝る時にはベッドにして使う事ができます。

ベッド下は収納スペースとして活用できます。

畳ベッド

ベッドの中にが組み込まれているベッド。
い草の落ち着いた香りでリラックスできます。

畳には吸放湿効果有害物質を減少する効果があります。

店舗様によってはオーダーメイドで製作してくれるところもあるようです。

すのこベッド

「すのこ」を使用して作られたベッドで、通気性に優れています。

そのまま使う人もいれば、布団や薄型マットレスを敷いて使う人もいます。

リクライニングベッド

リクライニングベッド(電動ベッド)は、ソファーとベッドを兼ねるソファーベッドとは違ったベッドです。
食事や読書などベッドの上で座る際に背もたれとしての役割を果たします。

折りたたみベッド

名前の通り、折りたためるベッドです。

基本的にキャスター付きなので、折りたたんで移動できます。
なので、ベッド下を掃除するのも簡単です。

エアーベッド

空気を入れることで使用できるベッドです。

空気を抜くと、コンパクトに折りたたむことができるので、来客用やキャンプに持っていくことが可能です。

まとめ

セミダブルベッドは1人用ということが分かったのではないでしょうか?

シングルベッドでは小さいけど、ダブルベッドでは大きすぎる、そんな方にオススメのベッドです。

スペースも大き過ぎないため、シングルベッドがあった場所に配置してもあまり問題は無いでしょう。(フレームベッドならフレームも変える必要があります)

今後もベッド専門通販サイト「イーベッド」をよろしくお願いします。