ベッドサイズについてのまとめ

ベッドサイズについてのまとめ

概要

ベッド専門通販サイト「イーベッド」をご利用いただきありがとうございます。

ベッドには色々なサイズがあります。
そのため、いざベッドを購入する際には迷ってしまいます。

そんな時のためにベッドサイズによる違いをまとめてみました。

ベッドサイズ

スモールシングル

その名の通り小さいサイズのシングルサイズです。
最も小さく、子供向けのサイズになっています。

低価格ですが、種類が少ないです。
また、取り扱いを行なっている店舗もすくないので、あまり見かけることがないでしょう。

子供の成長を考慮すると、あまりオススメできないサイズです。

セミシングル

通常のベッドサイズである「シングル」よりも小さいサイズのベッドです。
主に小柄な女性や子供向けのベッドのサイズがこのサイズになります。

したがって、成人男性が使用するには無理のあるサイズになっています。

サイズが小さいこともあって、価格も低価格なものが中心です。

シングルサイズ

一般的なサイズの1人用べッドです。

種類も豊富で、大抵の家具屋さんや寝具屋さんで取り扱っているサイズです。
価格も安いものが多く、ほとんどの人はこのサイズで十分と言えます。

セミダブルサイズ

シングルサイズでは物足りない方にオススメなのが、このサイズです。

シングルサイズよりも少々高くなりますが、種類も豊富で、大抵の家具屋さんや寝具屋さんで取り扱っているサイズです。

ただし、基本的に1人用のベッドなので2人で寝るには窮屈なサイズ のベッドです。

ダブルサイズ

セミダブルサイズよりも更に大きいベッドです。
恋人や家族と一緒に寝るのであれば、このサイズがオススメです。

また、1人で使用すると寝返りを気にすることなく、リラックスして寝れます。

シングルサイズ、セミダブルサイズと比べると価格も高く、種類も少し減ります。
ですが、上記の2種類のように大抵の店舗で取り扱っています。

クイーンサイズ

このサイズのベッドは、シングルサイズベッドの1.5倍以上の大きさです。
大人2人で寝るのであればこれで十分な大きさになっています。
価格も高く、ベッドカバーやシーツなども上記の3種類と比べるとあまり販売されていません。

ですが、まとめて洗濯できるというメリットもあります。

サイズが大きいため、2階以上への搬入にはクレーンを必要とします。

キングサイズ

ベッドサイズの中では最大の大きさを誇るベッドです。
大きさとしては、シングルサイズのベッド2個分位の大きさになります。

なので大人2人、子供1人の3人一緒に寝ることが出来きます。

ただこのサイズとなると取り扱い店舗は少なく、ベッドカバーやシーツなど種類も少ないです。

当然価格も高く、クイーンサイズと同様に2階以上への搬入にはクレーンを必要とします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ベッドのサイズは色々ありますが、シングルサイズとセミダブルサイズは1人用。
ダブルサイズ以降は2人用として考えれば問題ないと思います。

もし、1人用で迷うのでしたら、セミダブルベッドがオススメです。
一般的な、ほとんどのお部屋に配置でき、大人1人ならこれで十分な大きさになっています。

今回の紹介が少しでも参考になれば幸いです。

今後もベッド専門通販サイト「イーベッド」をよろしくお願いします。