ベッドスペースの有効利用

ベッドスペースの有効利用


概要

ベッド専門通販サイト「イーベッド」をご利用いただきありがとうございます。

一人暮らし、一人部屋でベッドを置く場合、少しでもお部屋を広く利用したいですよね?

しかし、物を置くスペースの確保は中々難しいです。
収納場所にも限りがあるので必然的にタンスなど物が増えてしまいがちでお部屋が窮屈に感じてしまいます。

今回はそんな人にオススメのベッドを紹介します。

折りたたみベッド

折りたたみベッドとはその名の通り、折りたためるベッドです。

就寝する時や必要な時だけ出せて、使用しない時は折りたたんで部屋の隅に置いておくことができるので、ベッドを置くスぺースを大きく利用できます。

また、定期的に通気させることで湿気・カビ対策が出来ます。

ただし、折りたたみベッドを移動させることで床に傷が入る可能性があり、マットレスの交換ができないので体合わない場合はベッドごと交換する必要があります。

エアーベッド

空気を入れて使用するエアーベッドは、折りたたみベッドよりも更にコンパクトにしまうことができます。
ベッドとして使用する時は空気を入れて、使用しない時は空気を抜いて簡単に片付けられます。

また、入れる空気の量で硬さを調整できます。

低価格ですが、普通のベッド・マットレスと比べて破損しやすく、寿命も短めなので来客用向きのベッドと言えるでしょう。

ロフトベッド

ロフトベッドはお部屋をコンパクトにまとめるのに向いているベッドです。

ロフトベッドには、机と一体となっているタイプや、収納が付属しているものなど様々なタイプがあります。
ベッド下に大きくスペースを確保できるのでタンスやソファなど を置いたり、一ヶ所にものをまとめることができます。

ロフトベッドは高さがあるので天井が近く、高い位置のベッドで寝たことが無い人には、最初は違和感で寝づらいかも知れません。

起き上がる時に気をつけないと天井に頭をぶつける可能性があるため慣れるまで少し時間がかかるでしょう。

チェストベッド

チェストベッドとは、収納の引き出しが付いたベッドです。

小物用の収納を多く備えており、収納がたくさん欲しい人にオススメです。

チェストベッドは引き出しの大きさ、数など様々なものがあります。

ただし、湿気がこもりやすく、ベッド下の掃除に手間がかかるのが難点です。

リフトアップベッド

こちらもチェストベッド同様、ベッドの下に収納が付いています。

違う点を上げるとすれば、マットレスを上にあげて収納するので比較的大きな荷物を収納できます。
なので、ゴルフバックやスーツケース、冬布団や来客用の布団など様々なものに対応できます。

こちらもチェストベットと同様に湿気がこもりやすく、使用できるマットレスの重さに制限があります。

また、ガス圧式のガスが切れることもあるので、その場合は部品交換をしなくてはいけません。

システムベッド

ベッド・机・チェストが一つにまとまったシステムベッド。
子供部屋に最適なものが多く、ベッド単体での価格は高いですが、個別に購入するよりも安く済むのでご両親にも好評です。
また、全てひとつにまとめられるので、少し狭いお部屋でも机で勉強できます。

お子様の好みで配置できるので、ベッド下をロフトベッドのように収納スペースにしたり、遊び場にすることもできます。
お子様が自分の部屋を持つ歳になったら、システムベッドを検討しても良いでしょう。

大人向けのシステムベッドは、あまり販売されておらず、高価格なので、購入するには少々厳しいかもしれません。

ソファーベッド

ソファーベッドはソファーとベッドを兼用できるベッドです。

ソファーもベッドも欲しいけどスペースがない!という人にオススメです。
簡単にソファーとベッドの切り替えが出来ますよ。

ご自身が使用するベッドとは別に用意しておけば、来客用のベッドとしても利用できます。

しかし、ソファーベッドは純粋なベッドとしての機能が弱く、安眠を求める方にはオススメしません。

そして、干すことが困難なので衛生面で気になる人にも向いていません。
清潔なシーツをソファーベッドにかけて使用すれば多少は改善されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
様々なベッドがありますが、どれもメリット・デメリットがあり一慨にどれが優れているとは言えません。

各ベッドの特性をしっかり考えてから、購入する種類を選びましょう。

今回紹介したベッドを購入すれば、ベッドスペースを有効利用でき、生活スペースに余裕ができますよ。

しかしながら、当店では返品交換に対応しておりません。

なので、ベッドの購入を検討しているのであれば、地元の他の店舗様を実際に訪ねて、大きさや試し寝をしてよく吟味することをオススメします。

ベッドは一度購入すると長期間変えることがないものなので、よく考えて、ご自身に合ったものを購入して下さい。

それでは今後ともベッド専門通販サイト「イーベッド」をよろしくお願いします。