ベッドルームを広く見せるちょっとしたテクニック

概要

ベッド専門通販サイト「イーベッド」をご利用いただきありがとうございます。

ベッド1つ置いてしまうと、配置次第では部屋が狭くみえてしまいます。
“起きて半畳、寝て一畳”というように意外と人間のねるスペースは大きいものです。

そこで、配置や色を考えるだけで部屋が広くみえる、そんなちょっとしたテクニックをまとめました。

広く見えるベット配置

ベッドを隠す

棚で間切をしてベッドを隠してみましょう。 こうすることで、寝るスペースと生活スペースが区切られスッキリして見えます。
同時にベッド周りの生活感も隠せます。

ベッドより少し高い棚なら、目線が通り広く見えます。

ベットを縦にして並列に置く

ベットを縦にして、テーブルをベッドと少し距離をあけて並列に置いてみましょう。
縦のスペースができることでベランダへの出入がしやすくなります。

細長い部屋に合う配置でお部屋がスッキリします。

ベッドをお部屋の中央置く

ベッドを部屋中央に横に置いてスペース分けに使用します。
ベッドを間切りに使用することで、入り口からの目線が遠くに抜けるので広く見えます。

作業スペースとリラックススペースを分けるのに適した配置です。

色で広く見せる

ベッドカバーに明るい色を採用する

白など明るい色は膨張色で、大きく広く見せるのに効果的です。
棚やテーブルなど家具も明るい色を採用することでより効果的になります。

ただし、家具の色がバラバラだとものが多く見えるので出来る限り色は統一しましょう。

ベッドと壁は同系色にする

同じようにカーテンと壁も同系色にすることで、壁と連続して見えるます。
それにより部屋を広く見せることができますよ。

白のモールディング

壁と天井、壁と床の段差などに施す建築意匠のことです。
様々なデザインがあり、マンションのリビングや店舗の内装のデザインなどに使用されています。

お部屋が少しオシャレに見えますよ。

目線で広く見せる

遠近感を利用する

入り口から奥に向かって、高いものから低いもの順になるように家具を置くと、遠近感の効果で部屋が広く見えます。
ベッドが低い場合は奥に、高い場合は手前に置くと良い感じです。

ベッドと家具の目線を低くする

家具を腰の高さ位までもので統一することで、目線が低くなり空間ができて広く見えます。
壁面が少し寂しく感じるのであれば、主張し過ぎないものを1つか2つまでに抑えて彩りましょう。

ネットタイプの間仕切りを使う

ネットタイプの間仕切りを使えば、見通しが良く、両面から物をかけられる仕切りができるので、アクセサリーや洋服をかけて、見せる収納として使うことができます。
100均のカゴやフックと組み合わせれば、雑誌なども収納できます。

ベッドを変えて広く見せる

収納付きベッド

収納付きのベッドなら、棚などの収納を置くためのスペースを抑えられます。
普段あまり使用しないものを収納すると良いでしょう。
ただし、湿気には注意が必要です。
収納付きベッドは特にベッド下に湿気が留まりやすいので、衣類や本といったものは避ける方が無難です。

脚付きマットレス

マットレス自体に脚が付いてるだけのベッドなので必要最低限のスペースで済みます。

収納付きベッドのように、ベッド下にカゴやケースにものを入れて収納スペースとして活用できます。
こちらも湿気には注意が必要です。

ロフトベッド

ロフトベッドの下にソファを置いたり、作業スペースにすることで生活スペースが広く利用できます。
他にも衣装ケースや普段使用しない荷物をおいたりすることで、お部屋もスッキリ見えます。

頭を天井に打たないように、ある程度の天井の高さが必要になります。

折りたたみベッド

折りたたみベッドなら使用後に片付けることができるので、ベッドのスペース分お部屋を広く見せられます。
来客用のベッドとしても重宝します。

基本的にキャスター付きなので移動も楽ですが、床がフローリングの場合、キズが付く可能性があります。

ソファベッド

ソファベッドならソファとしても、ベッドとしても使用できます。
なので、ソファとベッドの2つを置くスペースがこれ1つにまとめられます。

折りたたみベッドと同じように、来客用ベッドとしても活躍します。

しかし、寝心地はそれなりのものが多いので、睡眠を重視するなら他のベッドが良いでしょう。

リクライニングベッド

リクライニングベッドは、上半身部分を起き上がらせることで、寝起き時の起き上がりを楽にしてくれるベッドです。
起き上がらせた部分を背もたれにできるので、ソファベッドのようにくつろぐこともできます。

手動タイプなら低価格で購入でき、モーター駆動タイプなら高くなりますが、多機能で便利なベッドです。

エアーベッド

空気を入れて使用するエアーベッド
持ち運びが最も楽なベッドで、使用しない時は中の空気を抜くことでコンパクトにできます。
電動のエアーポンプがあれば楽に空気の出し入れができるので、お部屋をベッドが占領することがありません。

低価格で購入できるのも嬉しいところ。

まとめ

いかかがでしたでしょうか?

寝具や家具などの色を統一するだけでもお部屋を広く見せることができます。
家具の統一となるとお金が掛かってしまうのがネックですが、配置を変えるだけでも効果があるので試して みてはどうでしょうか?

少しでも参考になれば幸いです。

それでは今後ともベッド専門通販サイト「イーベッド」をよろしくお願いします。